徳島同友会ではこんな活動をしています。

例会・フォーラム
経営の本質的課題を深く掘り下げて討論する

徳島同友会の主催する例会は単なる経営者交流会ではありません。ここは経営者の実体験に基づく「報告の場」「学びの場」なのです。ですから例会での報告者は、私たちと同じ経営者。決して流暢とは言えない場合もありますが、その報告にこそ、経営の本質的な課題が存在しており、その後のテーブル討論につなげていきます。
グループ長の進行の中、お互いが本音を議論し合うことで、それぞれの感じ方、受け止め方の違いを深く理解して初めて経営者の琴線に触れる学びの場となるのです。

 

経営指針の作成
経営者同士で本音を出し合い、親身になって創り出す

この会には講師はいません。経営者同士が集い、経営指針を創る会OBと受講生という関係の中で指針の作成を進めています。何よりも大事にしているのは、経営指針の策定は、「はじめの一歩」であると位置づけ、その後のフォローアップを重要視していることです。
1〜2年で軌道に乗らないと言ってもあせらずに、地道に他の経営者とも悩みを分かち合いながら進んでいくことを推進しています。

 

共同求人活動
経営者の知恵を集結し、アウトソーシングしない

経営者自らがアクションを起こして新卒者を採用していく活動です。同友会の共同求人活動は、地元大学や専門学校との連携を深め、中小企業にフレッシュな人材を迎え入れる活動をしています。
また同友会の全国ネットワークを生かした総合就職支援サイト「Jobway」に登録することによって、より良い人材との出会いにもつながります。

 

社員共育活動
社員を育て、社員と共に成長する

同友会は、社員をもっとも信頼できるパートナーとして考え、高い次元での共に育ちあう教育(共育)を重視し、社員共育に取り組んでいます。
中小企業で新たな役割を担うひとりとしての自覚を持ってもらうための「合同入社式」や、入社後の社会生活を振り返ることで社会人としての基本を再認識してもらう「フォローアップ研修」などを実施しています。

 

会員増強活動
経営者も会社も成長する

同友会で学んだ経営者が成長し、その会社が成長していく。そんな経営者の姿を見て、親交のある経営者が経営の悩みを話し、勉強したいと思って同友会に参加していく。そんな感じで仲間が増えたらと考えています。
『しっかり学べる会であれば自然に会員は増えていく』それが同友会の増強活動です。

 

政策提言活動
EU型中小企業憲章の制定をめざす

同友会理念の中で「良い経営環境をつくる」ことと「国民や地域と共に歩む中小企業をめざす」ことを実現するための政策提言です。
これは、1社ではとても実現できないことを団体として国や県に対して政策提言し、「Think Small First」の理念に則り、中小企業の地位向上をはかり、我々による我々のための中小企業憲章や省庁の設置を視野においた活動をしております。

 

広報・情報化活動
同友会のさまざまな活動を社会に発信する

同友会の良さを会内外にアピールするために、同友会ニュース(月刊)の編集・発行しています。また、同友会のITネットワークツールであるe.doyuを活用し、会員同士のリアルタイムな情報共有化を進めています。行政・自治体、マスコミ等への情報発信に向けて、インターネットの迅速さを生かしたe.doyuアンケートで景況調査などの情報提供を実施・強化しています。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースの目次へ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
局員Fのカメラに夢中
RSS