同友会とは?

同友会は、経営者の学校です。

真髄は「学びあう」こと。

  • 謙虚に学び合う
  • 問題意識を研ぎ澄ます
  • 学び方を学ぶ

同友会3つの目的

よい会社をつくろう

同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して
企業の自主的近代化と強靱な経営体質を
作ることをめざします。

よい経営者になろう

同友会は、中小企業が自主的努力によって、
相互に資質を高め、知識を吸収し、
これからの経営者に要求される総合的な能力を
身につけることをめざします。

よい経営環境を実現しよう

同友会は、他の中小企業団体とも連携して、
中小企業を取りまく社会・経済・政治的な環境を改善し、
中小企業の経営を守り、安定させ、
日本経済の自主的・平和的な繁栄をめざします。

「3つの目的」総合的実現をめざす経営者の団体です。

中小企業家同友会は「中小企業の経営を良くしたい」という目的のもと、1957年に東京で誕生しました。1969年には中小企業家同友会全国協議会(中同協)設立、1996年には徳島県中小企業家同友会が誕生しました。現在、全国47都道府県全てに同友会があります。一人ひとりが主人公として知恵と経験を出し合い、本音で謙虚に学び合い、学んだことを自社に取り入れ、実践して自社の経営力強化に役立てています。

「自主・民主・連帯」の精神で活動を進めています。

同友会は、会員に対して何ら強制はしません。「自主・民主・連帯」の精神で会員自らが会の運営を行っています。自主的参加が原則で、どの支部例会、研究会、委員会にも自由に参加できます。思想、信条、性別、業種、企業規模を問いません。入会されたそのときから他の会員と対等な立場で参加できます。

「国民や地域と共に歩む中小企業」をめざしています。

同友会は、豊かな国民生活の実現に貢献し、提供する製品やサービスが人々の暮らしの向上と地域経済の発展につながる中小企業をめざしています。また、雇用の創造や特色ある地域づくり、徳島経済の発展のためには、自治体や他団体、地域の人々と連携した中小企業経営者の創意と行動が必要と考えています。

中小企業家同友会全国協議会(中同協)は、
全国都道府県の中小企業家同友会による協議体です。

全国47都道府県すべてに同友会があります。

よくある質問集

【質問】同友会に入ったら何がありますか?

【回答】入会するだけでは、何も起こりませんが、
毎月の例会やセミナー、共同求人、全国行事への参加、委員会など様々な活動に参加できます。
これら活動への参加は全て会員の自由意志で行われ、誰にも強制されることはありません。
しかし、会員であることのメリットを最大限に享受するためには自らが積極的に参加することだと考えます。

【質問】例会というのは何をするのですか?

【回答】同友会の例会には大きな特長があります。
有名な講師ではなく、同じ悩みを持つ報告者のリアルな経営体験の報告を聞くことができます。これが生きた学びになります。
それをもとにして参加した経営者とグループ討論をすることによって、より深め、最終的には自社の経営に取り入れられるものをそれぞれが持ち帰り実践します。所属支部の例会だけでなく、他支部の例会にも参加できます。

【質問】ネットワークは広がりますか?

【回答】業種、地域を越えたネットワークがあります。
通常は支部単位での活動が主になりますが、経営フォーラムや合同例会などが開催され、他の地域の会員との交流も図れます。
また、現在全国には40,000名以上の会員がおり、年3回開催される全国行事やテーマ別問題研究交流会への参加を通じて各地にネットワークが広がります。

【質問】会員にはどんな人がいますか?

【回答】基本的には中小企業の経営者です。
入会資格は中小企業の経営者または後継者、それに準ずる経営幹部となっています。
経営に前向きに取り組む姿勢を持った会員が多いのも特徴のひとつです。「知り合い」「学び合い」「授け合い」をモットーに業種を超えて、経営の体験交流、相互研鑽、人材育成など本音で学び合う経営者です。

【質問】会の運営は誰がするんですか?

【回答】全て会員自身の自主的、民主的運営です。
会員一人ひとりが主人公として、それぞれの立場から自由に発言でき参加できる会です。企業の大小や会歴などでの上下関係はなく、お互いを尊重しあって運営されています。
また、政治や宗教を会内に持ち込まないことが申し合わされ、いかなる所からも干渉や支配を受けません。

【質問】同友会に入ってすぐ商売はできますか?

【回答】これは期待しないほうが良いです。
どんな会でも同じですが、入会早々から商売が表にでると嫌がられます。例会や行事にまじめに参加して人間関係ができてくれば「知らない人に頼むより、知っている人へ」というのが常です。
自然に発生してきますからご心配なく。

【質問】他にはどんな活動がありますか?

【回答】いろいろな委員会活動があります。
社員共育委員会、経営労働委員会、共同求人委員会、政策委員会、広報・情報化委員会、増強委員会、例会委員会など自分の興味がある委員会に自由に、いくつでも参加できます。
詳しい活動内容は活動内容のページをご覧ください。

 

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
同友会ニュースの目次へ
同友会とは?へ
活動内容へ
入会案内へ
所在地・連絡先へ
リンク集へ
行事予定へ
中小企業家同友会共同求人サイトJobwayへ
中小企業家同友会全国協議会のサイトへ
同友会会員企業検索のページへ
局員Fのカメラに夢中
RSS